最先端薄毛・髪質治療 Dr.TOUHIクリニック

PRP注射の具体的な失敗例とは?施術を受ける前に絶対にリサーチするべき理由

PRP注射の具体的な失敗例とは?施術を受ける前に絶対にリサーチするべき理由

目次

    近年、女性も男性も美意識が高まり、徐々に加齢に伴う美容医療に対しての認識も変わってきています。

    これまでの美容医療といえば、顔や体にメスを入れるような手術を行うイメージが強く、なかなか施術をする勇気が持てない人も多かったのではないでしょうか?
    しかし近年では医療も急激に発達し、注射やレーザーなどメスを使用せずにさまざまなお悩みを解決できる施術がたくさんあります。

    その中でも、アンチエイジングに興味のある方であれば「PRP注射」という施術を聞いたことがあるのではないでしょうか?
    PRP注射は、認知度が徐々に高まっており、施術を行う人も増えた関係で「PRP注射で失敗した」という口コミやネットの情報も年々増えてきています。そのため、施術を検討している方の中には施術をためらっている方もいるのではないでしょうか? 

    そこで本記事では、PRP注射の詳細と具体的な失敗例など施術を受ける前にリサーチするべきことをご紹介いたします。

    PRP注射とは?

    PRP注射説明図

    「PRP」とは血液中の血小板を濃縮し活性化したもので、日本語では多血小板血漿といい、PRP注射は患者さん自身の血液を採取し、遠心分離機で抽出した血小板を気になる箇所へ直接注入しシワやたるみを改善する治療法です。

    すべての人が生まれながら持っている自然治癒力を利用するため、安全性は非常に高く、美容医療や整形外科分野でも活用されています。
    PRP注射は血小板のみを使用する方法に加え、麻酔やその他の成長因子など患者さんのお悩みに合わせて成分を追加しさらに効果を高められることも魅力の一つです。

    PRP注射について詳しい説明はこちらでご確認いただけます
    PRP療法の効果

    PRP注射の美容分野における効果の一例

    PRP注射適応箇所

    ・肌に弾力を出す
    ・肌にハリを出す
    ・小ジワやシワの改善
    ・ニキビ跡の改善
    ・目の下のクマの改善
    ・たるみの改善
    ・肌のトーンを明るくする
    ・髪質改善
    ・発毛

    PRP注射は、血小板の止血作用や傷口を治す「創傷治癒効果」を利用します。
    つまり、血管新生や線維芽細胞活性化、コラーゲン産生を促進するなどさまざまな作用により肌の再生が促されます。
    額や眉間、目元、頬の凹みやほうれい線、首などいろいろな部位に適応するため幅広いお悩みの改善が期待できます。

    PRP注射の具体的な失敗例

    まだまだ発展途上の治療法なので今のところ確立された方法がありません。
    そのため、クリニックによって考え方は様々で同じPRP注射であっても内容が違うことがほとんどです。

    では、PRP注射の失敗には、具体的にどのような例があるのでしょうか。

    成長因子を含まないPRP注射の失敗例